"「うつ」とよりそう仕事術"を読んで.

「うつ」とよりそう仕事術 (Nanaブックス)

うつ病と診断されたあと, Amazonに注文したけど, 今まで読むことができなかった本.
「本を読むこと」さえもきつかった.

という暗い話はさておき, 本を読んだ感想やメモ.

著者もうつ病を患って, 2回程休職を経験したとのこと.
著者のうつ病中における生活の実体験が記述されている.その体験談の中では僕が経験のあること(あるいは経験中)も
あって, 「そうだよねー」と頷くことのできる内容ばかりだった.

その中で「薬をちゃんと服用することの大切さ」を著者は訴えていている.
僕は今まで大学時代から風邪をはじめとした病気にかかったことがなく(かかっていても放置してたかも?)
風邪っぽいときもあったけど, 「何とかなる」と思って病院に行くことは無かった.

うつ病と診断されて薬を処方されたけど, 「薬を服用してなくてもどうにかなる」と頭の中で思っている自分がいて, 薬の服用を怠る場合があった.
しかし全然良くならないし, この本を出会って, 今は薬を真面目に服用している.

また, この本の中では, うつ病(治療中)でもうまく・精神的:楽に仕事ができるように工夫した方法などが記述されていた.
中でも著者はGTDを実践しているとのこと. GTDは以前実践しようとしたけれども, 以前の様々なパラレルの仕事をする中で実践をできていなかった手法.
今は休養中で時間はあるので, 実践してみようと思う.

最後に「できたこと」を続けること, 小さなことでもできたことを積み重ねることを意識していきたいと本を読んで感じた.

ではでは, 寝ましょうか.